電話:042-492-7735

インターネットからの予約

東京都清瀬市松山1-4-20 松東ビル1F

西武池袋線「清瀬」駅南口 徒歩1分

清瀬市・東久留米・秋津エリアの皮膚科

一般皮膚科

フォトフェイシャル シミ、小ジワ、にきび・にきび後瘢痕、毛細血管拡張症、毛穴の開きなど。 Qスイッチ・ルビーレーザー シミ・ソバカス、ほくろ、あざ、刺青、アートメイクなど。 エクシリス・エリート ボディのサイズダウンや、お顔のたるみなど。 炭酸ガスレーザー 盛り上がったホクロ、老人性イボ、スキンタグその他の隆起性皮膚病変に。 イオン導入 にきび、シミ・ソバカス、くすみ、肌荒れ、毛穴の目立ち、赤みなど。

一般皮膚科

当クリニックではアトピー性皮膚炎、乾癬、円形脱毛症、白斑、帯状疱疹後神経痛などの慢性難治性疾患の治療やQOLを高めるための治療に力を入れ、種々の機器を導入しています。

また、原因を調べるためにパッチテスト、プリックテストなどの皮膚アレルギー検査や血液検査、皮膚病理組織検査なども必要に応じて実施しています。

診療案内

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期に始まり、かゆみや皮膚の炎症症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す皮膚疾患です。皮膚のバリア障害とアトピー素因に基づくアレルギー反応が原因になります。

アトピー性皮膚炎の治療はアレルギー検査を行い悪化する原因を調べ、原因物質をなるべく避けるようにします。また、バリア障害を補うため保湿剤も欠かせません。皮膚症状には状態に合わせて外用薬や内服薬による治療を行います。紫外線の照射(ナローバンドUVB照射)も難治性のアトピー性皮膚炎に効果があります。

PAGE TOP

いぼ

いぼには、うつるウィルス性のいぼと老化によるいぼがあります。

治療はどちらも主に液体窒素という約-200℃の液体で凍らせ、組織を壊死させて治療します。ほとんどの場合何度か繰り返しの治療が必要です。ウィルス性いぼには薬品を使って腐らせる治療方法もあります。自費になりますが、老人性いぼの場合は炭酸ガスレーザーにより一度の処置できれいにすることができます。

PAGE TOP

円形脱毛症

円形脱毛症は、頭部や眉、髭などの毛が部分的に丸く抜けてしまう病気です。
脱毛の範囲が小さいものや数が少ない場合は自然に治ることもあります。ストレスや自己を攻撃する異常な免疫反応が原因です。

治療は外用薬の塗布や局所注射を行ったり、症状によっては血液検査により原因となるものや合併症が無いか調べます。また、ナローバンドUVB照射や低出力半導体レーザーも効果があります。

PAGE TOP

乾癬

乾癬とは、皮膚が赤く盛り上がった上にフケのような白い垢が付着し、ポロポロと剥がれ落ちてくる病気です。周りの人にうつることはありません。悪くなったり良くなったりを繰り返す病気です。

治療は外用薬、内服薬、ナローバンドUVB照射を単独または組み合わせて行います。

PAGE TOP

尋常性白斑

皮膚の色がまだらに白く抜けてくることで気づきます。自己を攻撃する反応が起きてメラニン色素を作る細胞が減少し、最後には消失してしまいます。

治療は、ステロイド外用、ビタミンD3外用、ナローバンドUVB照射が主な方法です。パーフェクトカバーなどの化粧品の使用によりきれいに隠す方法もあります。

PAGE TOP

脂漏性皮膚炎

頭皮、髪の生え際、眉・眉間。鼻のわき、耳の中・後ろ、背中、脇の下、胸などの皮脂分泌の多い場所に皮脂の成分異常が原因になって炎症を引き起こす病気です。癜風菌というカビが増えて一層症状が悪くなることがあります。

治療は、癜風菌が増えていないかを確認し、増えていれば抗真菌薬を外用しながら、症状や患部に応じて内服薬やステロイド外用剤を使い分けます。

PAGE TOP

掌蹠膿疱症

手の平や足の裏に膿をもった水疱が繰り返し出来る病気です。水虫と間違いやすい病気ですが、他の人にうつることはありません。扁桃炎、虫歯、副鼻腔炎、中耳炎などの病巣感染や歯科金属のアレルギーが原因になっていることもあります。

治療は、外用薬による外用療法、内服薬の内服、ナローバンドUVB照射療法などがあります。歯科金属のよる金属アレルギーが考えられる場合はパッチテストを行います。

PAGE TOP

蕁麻疹

じんましんは、突然皮膚の一部が痒くなり、赤く腫れしばらくすると消えていくごくありふれた病気です。アレルギーによるものとアレルギーではないものがあります。

治療は、経過や症状からアレルギーが考えられる場合は血液検査やブリックテストにより原因を調べ、原因が判れば避けるようにします。アレルギーでない場合は温熱や寒冷、圧迫などの物理的刺激によるものやストレス・疲労、感情の昂ぶりなどによるものが多く、症状に応じて内服薬、外用薬を使います。

PAGE TOP

にきび

にきびは、毛穴のつまりや皮脂分泌の増加が原因で毛穴に残ってしまった皮脂をニキビ菌が食べて増殖することで起こります。

治療は、毛穴をつまりにくくする外用薬や抗菌薬の外用、ビタミン剤や抗生物質の内服などです。ニキビ痕の治療は、低出力半導体レーザー(保険適応)、ステロイドの局所注射(保険適応)やビタミンAイオン導入(自費)、フォトフェイシャル(自費)フラクショナルレーザー(自費)を状態によって使い分けます。

PAGE TOP

帯状疱疹

チクチクした痛み(人によってはかゆみ)がおこり、数日するとその部分が赤くなり水疱が出てくる病気です。10日から14日するとかさぶたになりその後かさぶたがとれ治ります。痛みは個人差があり、全くない場合と激しい場合があり、高齢になるほど長期間続いて、帯状疱疹が治ったあともいたみが残ることがあります。

帯状疱疹にかかった場合は安静を保ち、抗ウィルス薬と鎮痛剤やかゆみ止めの内服、消炎剤の外用を行います。帯状疱疹後神経痛がある場合は内服薬や低出力半導体レーザーによる治療を行います。イオントフォレーシスによる治療も有効です。

PAGE TOP

単純ヘルペス

単純ヘルペスは口の周りや顔全体にできるⅠ型と陰部にできる2型があります。
皮膚と皮膚の直接的な接触でうつることがほとんどです。どちらも一度うつったら治ることはなく、からだの抵抗力が弱まった時に水疱ができます。毎回同じところに繰り返し発症します。

治療は抗ウィルス薬の外用または内服です。

PAGE TOP

ほくろ

ほくろと一口に言っても盛り上がるもの、平らなもの、色も黒いものから青いものまで様々です。そのため、ほくろの癌であるメラノーマのほかに血管や毛穴、汗腺から出てくる腫瘍やイボなどと見分けることが大切です。中でもメラノーマとの区別は命にかかわることがあるので重要です。急激に大きくなる、色や形の変化があるなどの何らかの症状に気づいた場合は早めに受診されることをおすすめします。診断はまず、ダーモスコピーという器具で観察します。悪性の可能性がある場合には組織を取って調べ、組織診断の後に治療方針を決定します。良性の場合、盛り上がったほくろは炭酸ガスレーザー(自費)により傷も残らずに平らになります。色のある平らなほくろはQスイッチルビーレーザー(自費)で色を消すことが出来ます。

PAGE TOP

水虫

水虫は、カビの一種白癬菌の感染によっておこります。足や指の間が白くふやけたり皮がむけたり、水疱ができます。場合によっては足の裏が厚くなりひび割れをおこすこともあります。かゆみはないこともあります。皮膚カンジダ症、かぶれ、こすれる刺激による水疱、汗による水疱、掌蹠膿疱症など水虫と間違いやすい疾患がありますから自己判断せず、皮膚科を受診してください。

水虫が疑われる場合はまず、皮膚の一部をとり顕微鏡で観察します。白癬菌が見つかれば抗真菌薬の外用をします。外用だけでは治療が難しい場合は内服をします。

PAGE TOP

水いぼ

水いぼウィルスに感染しておこります。主にプールや風呂で接触することによりうつります。光沢のある米粒~小豆大の丘疹が出来、掻きこわすと周りに広がっていきます。放置すると何百個にも増えることがあります。潜伏期間は14~50日です。免疫ができてうつらなくなるのは10~12歳です。

治療は予め麻酔のテープを貼ってきていただき、一つずつピンセットでつまんで取っていきます。

PAGE TOP

あざ

あざは出生時から出来ているものと乳幼児期・思春期に発症するものがあります。色により、青あざ・赤あざ・茶あざに分けられます。おしりのできた蒙古斑やいちご状血管腫は自然に消失しますが、太田母斑・扁平母斑・単純性血管腫等は消えることはありません。太田母斑・扁平母斑のレーザー治療(Qスイッチルビーレーザー)は保険適応となっています。

PAGE TOP

主な設備・機器

ナローバンドUVB照射装置


  • 手足用

  • 全身用
  • ナローバンドUVBは311nmにピークを持つごく狭い波長の紫外線で難治性のアトピー性皮膚炎、乾癬、掌蹠膿疱症、白斑、菌状息肉症、類乾癬、円形脱毛症、多型日光疹、透析に伴う掻痒症などに効果があります。

    全身用と掌蹠専用の2種類の照射装置があります。

PAGE TOP

低出力半導体レーザー

レーザー光の光エネルギーを組織の蛋白凝固を引き起こさないレベルまで低く抑えて照射します。

皮疹部に直接照射する方法と星状神経節の近傍に照射する方法があります。
帯状疱疹後神経痛、アトピー性皮膚炎の赤ら顔や痒み、多汗症、末梢循環障害、自律神経障害などに効果があります。

PAGE TOP

Qスイッチ・ルビーレーザー

レーザー光をナノセコンド(10億分の1秒)単位のきわめて短い時間で照射することにより標的細胞だけ選択的に破壊し瘢痕を残しません。

Qスイッチ・ルビーレーザーは太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑などの青アザや茶アザ、外傷性色素沈症(外傷性刺青など)などに有効で保険適応があります。

詳しい情報についてはQスイッチ・ルビーレーザーのページをご覧ください。

PAGE TOP

ダーモスコピー

光の乱反射を抑えながら拡大観察することで黒色色素を有する病変(ホクロ、メラノーマ、基底細胞癌など)のほか、血管腫、出血、疣贅(いぼ)、水いぼ、疥癬トンネルなどが鑑別できる苦痛のない検査法です。

PAGE TOP

イオントフォレーシス

皮膚に微弱な電流を流すことにより、イオン化したお薬の経皮吸収を高めます。帯状疱疹後の頑固な神経痛を改善します。また、手足やワキの下の多汗症を治療することも出来ます。

PAGE TOP

陥入爪(巻き爪)矯正用ワイヤーとプレート

超弾性ワイヤーや形状記憶プレートを使って、巻き爪を矯正し疼痛を取り除くことができます。なお、効果が見られない場合には、フェノール法による陥入爪手術も行っております。

PAGE TOP